傲慢な被害者もいるので要注意!必要なら弁護士相談

-shared-img-thumb-YUKA150701468559_TP_V3 (1)

通常交通事故を起こした場合には、加害者が被害者に対して十分な謝罪と賠償を行うのが一般的です。また、十分な賠償ができないことも多いので、保険会社から支払ってもらうことも多いでしょう。加害者の中には自分が悪いと反省しない人もいますし、自分の方が被害者だと思っていることもあるのですが、逆に被害者の方が、自分が被害者であるということを利用して、加害者に対して必要以上に傲慢になる場合や、すでに示談が終わっているのに慰謝料の請求を行うケースもあります。

中には加害者に対して嫌がらせを行うような人や、関係のない家族にも嫌がらせを行うような被害者も存在しているのです。このような傲慢でいつまでも被害者気取りでいるような人に対しては、いくら加害者とは言え黙っていてはいけません。被害者にこのような嫌がらせをされている、いつまで経っても示談に応じず、慰謝料の請求を行ってくるということを弁護士に相談してみましょう。弁護士は被害者だけではなく、加害者の相談にも乗ってくれます。

ただし、被害者のやっていることが明らかに犯罪である場合には、警察にも相談しなければいけません。場合によっては被害届を出した方がよい場合もあるでしょう。特に多いのは、すでに示談しているのに、交通事故が原因で病院に行ったから病院代を支払ってほしいという要求です。このような場合には、脅迫に当たる可能性もあるので、支払う前に弁護士に相談するべきでしょう。示談が終了しているということは、すでに交通事故の問題は解決しているということです。

そのため、解決しているにも関わらず、お金を支払えというのは脅迫になる可能性もあるのです。しかも被害者に対しては、住所や電話番号、名前などを教えているのが一般的なので、支払わないと嫌がらせがエスカレートすることもあります。よってこのような要求があった場合には、即座に弁護士へ相談した上、実際に嫌がらせを受けたらすぐ警察へ行くことが重要です。

相談は交通事故に強い弁護士を

相談する場合、弁護士ホームページを持っている弁護士に相談するのがよいでしょう。ホームページを持っているということは、交通事故に関して有益な情報を発信しようという事務所の方針が伝わってきます。力をいれているわけですから、当然問い合わせも受け答えの体制ができていると予想されます。

電話帳にのっているだけの事務所だと、問い合わせ自体の体制もできておらず、軽くあしらわれれている印象のみうけて、気分を害することがあります。大切なのは、情報発信をおこなっている事務所は、それだけ洗練されている、営業努力をしている事務所です。そういう法律事務所が、結果的に、依頼主もハッピーになるのです。

© 2016 交通事故弁護士相談フェスティバル. WP Castle Theme by Just Free Themes