交通事故に遭いやすい場所を把握する

交通事故が発生した場合には、警察を呼んでお互いに話し合い、うまくいかなければ弁護士に相談するというのが一般的な流れですが、万が一のときを考えて、任意保険に入るというのは常識です。しかし、万が一のときを考えて、どの弁護士に依頼するのかも事前に情報収集をしておくよいしょう。そうすれば実際に交通事故が発生し、加害者や保険会社ともめたときでもすぐ弁護士に依頼することができます。このように事前に対策をしておくというのはとても大切なことです。

しかし、交通事故が発生したときの対策を練るだけではなく、交通事故が発生しないためにはどうするべきなのかという対策も練っておくべきでしょう。その1つとして、交通事故が発生しやすい場所はどこなのかというのを知っておくだけでも有効的です。毎日通勤や仕事で走っている道であれば、この場所は交通事故が発生しやすいとわかっているので、普段よりも注意して走ることもあるでしょう。ただ必ずしも毎回同じ場所を通らない可能性も十分あります。

そんなときにはどこで交通事故が発生しやすいのかわからないので、このようになっているところは交通事故が起きやすいということを把握しておくべきです。ちなみに交通事故が特に多くなっているのは、見通しの悪い交差点です。しかも狭い道同士の交差点よりも、ある程度広い道同士が交差している交差点の方が、交通事故が発生しやすくなっています。なぜなら道が狭い場所は、危ないのでゆっくりと通過することが多いのに対して、ある程度広いと安心してスピードを出して通過するからです。

実際交通事故が発生している地点を調べてみても、見通しが悪くてある程度道幅がある交差点が多くなっていることがわかります。見通しの悪い交差点はたくさん存在しているので、たとえ徐行の指示や一時停止の指示がなくても、交差点を通過するときは徐行するべきでしょう。このような些細な注意をきちんと行うだけで、交通事故はかなり防げるため、そうすれば弁護士に相談する機会も減ります。

Comments are disabled

© 2017 交通事故弁護士相談フェスティバル. WP Castle Theme by Just Free Themes