交通事故の場合には多くが民事裁判となる

交通事故が発生した場合、物損事故であれば破損した物を弁償すればそれで解決できることが多いでしょう。しかし人身事故の場合には、慰謝料の支払いが発生することが多いため、保険会社と話し合いをして慰謝料を支払ってもらうようになります。それでも慰謝料が払いきれていない場合には、弁護士に依頼して再び保険会社と協議を行うようになるのですが、被害者が任意保険に加入していなかった場合や、支払い額に限度がある場合には、慰謝料が足りなくなることがあります。

このような場合、加害者に直接支払いをしてもらうようになるのですが、いきなり支払ってほしいと言っても、加害者の多くは応じてくれないでしょう。そのような場合、裁判を行って決着をつけることもあるのですが、裁判には大きく分けて2種類存在しています。1つ目は刑事裁判で、2つ目は民事裁判になります。加害者が逮捕された場合には刑事裁判となるのですが、逮捕されない場合や書類送検で済んだ場合には、民事裁判になるのが一般的です。

そのため、交通事故で裁判になる場合、大半が民事裁判になると言っても過言ではありません。民事裁判の場合には、弁護士の力量がかなり影響してしまうので、弁護士選びは素早く慎重に行わなければいけません。明らかに加害者が悪い場合でも、弁護士の力量が足りないと、被害者が不利になるような判決が出てしまうこともあるのです。民事裁判は被害者も加害者も同じ立場で裁判が行われるので、刑事裁判のように刑罰を決めるわけではありません。

中には被害者だからと言って、何でも要求が通ると思っている人もいるので、このような人が有利になることは少ないと言えるでしょう。しかし、逆に加害者が有利になるような判決が下されるケースは実際に存在しているので、交通事故に詳しくて信頼できる弁護士探しが重要です。さらに注意するべき点があるのですが、民事裁判を起こすためには費用が必要になるので、負けてしまうと裁判の費用まで負担するようになります。

Comments are disabled

© 2017 交通事故弁護士相談フェスティバル. WP Castle Theme by Just Free Themes