無保険事故に巻き込まれた場合!加害者が自賠責保険のみ

交通事故が発生した場合、被害者が弁護士に相談してくる内容はいろいろとあるのですが、時々加害者が任意保険に加入しておらず、自賠責保険しか加入していないことがあります。このような場合には、被害者もどのようにすればよいのかわからず、弁護士に相談をしてくることがあるのです。実際このような相談があった場合には、弁護士はどのように対応することが多いのでしょうか。車を運転する場合には、大半の人が任意保険に加入しているので、賠償金や慰謝料は保険会社との交渉になります。

しかし、自賠責保険の場合には、被害者が交渉することも可能なのですが、通常は加害者に任せてしまうことが多いでしょう。そのため、弁護士に相談をした場合には、交渉に自信があれば被害者が交渉をした方がよいとすすめる場合や、依頼してもらえれば弁護士が代わりに交渉を進めてくれる場合があります。ただし、自賠責保険は人身事故に関する保障しかしてくれないため、物損事故に関しての相談は一切できません。

よって物損事故であった場合には、相手が任意保険に加入していない場合、加害者が修理代を支払うようになります。このとき必ずしも加害者が修理代を支払ってくれるとは限らないので、弁護士に相談をしておくとよいでしょう。そうすればもし修理代を支払ってくれない場合でも、すぐ弁護士に依頼することができます。相手が信頼できそうな人であれば、弁護士に依頼しなくてもよいでしょう。もし人身事故でかなりの被害を受け、自賠責保険だけでは賄えない場合にも弁護士に相談するべきです。

このような場合には、交通事故に関する知識があるだけではなく、損害賠償や慰謝料に関することにも精通している弁護士を探さないといけません。このようなときには裁判になるケースが多いですし、被害者が重症になった場合や死亡した場合には、刑事罰が加えられるケースも多くなっています。相手が自賠責保険にしか加入していない場合には、素人ではどのように対処するのかわからない場合が多いでしょうが、このようなときにはすぐ弁護士に依頼しましょう。

Comments are disabled

© 2017 交通事故弁護士相談フェスティバル. WP Castle Theme by Just Free Themes