何でも弁護士頼みにするのはよくない

交通事故が発生した場合、日本人の場合にはすぐ弁護士に相談するという人は少ないでしょう。物損事故であれば全く謝罪をしない、損傷した車の修理代を支払わないという場合には弁護士に相談することもあると思います。人身事故の場合には、納得のいく慰謝料が支払われないこともあるので、比較的弁護士に相談する人も多いでしょう。しかし、何でもかんでも弁護士に依頼してしまうというのはあまりよくありません。

それほど事故の程度が大きくなく、加害者がしっかりと反省をしているのであれば、無理に弁護士に依頼する必要はないでしょう。ただし、飲酒運転や無免許運転など、かなり悪質な場合には、当然弁護士への相談は不可欠ですし、このような場合には加害者が逮捕されて、刑事裁判になることも珍しくはありません。弁護士への依頼は最終手段と考えている人も多いのですが、日本社会は信頼で成り立っているので、無理に高い慰謝料を請求しようとする人は少ないでしょう。

外国のように、すぐ難癖をつけて弁護士への依頼や裁判を行い、法外な慰謝料を請求しようとするような訴訟社会にしてはいけません。それでなくても最近は日本でも外国の悪影響を受けて、些細なことで弁護士に依頼し、裁判を起こしてお金を請求する人が増えているのです。弁護士もより高い報酬が欲しいからと言って、依頼者への対応をおろそかにするような人が増えています。万が一のときには弁護士への依頼は重要ですが、何でもかんでも弁護士に任せるのはよくありません。

交通事故が発生したら、まずは相手の対応をしっかりと見ましょう。悪質な場合には弁護士への相談が重要なので、信頼できて交通事故に詳しい弁護士を探します。免許を取り、車を購入したら、あらかじめ信頼できて交通事故に詳しい弁護士を探して目星をつけておくのもよいでしょう。もし相手がきちんと謝罪をしない場合や、悪質な場合には、まず知り合いの弁護士に依頼すると言いましょう。そうすることで対応が変わる場合もあるので、もし態度を変えないようならそのときに依頼しても遅くはありません。

Comments are disabled

© 2017 交通事故弁護士相談フェスティバル. WP Castle Theme by Just Free Themes