交通事故で裁判になるケースもある

交通事故を起こした場合には、警察を読んでから当事者同士で話し合いを行うというのが一般的です。しかし、物損事故の場合には、当事者同士の話し合いで解決できる場合が多いでしょうが、人身事故ではそうはいきません。人身事故の場合には、ぶつけた車の修理代だけではなく、病院代や仕事を休んだ分の給料分まで支払いをしなければいけなくなります。このような場合には、被害者やその家族や被害者が加入している保険会社と話し合いを行います。

その内容で支払われる保険料が決まるのですが、保険料に納得がいかない場合には、被害者が弁護士に依頼して代わりに交渉をしてもらうために弁護士を頼るケースがとても多くなっています。場合によっては弁護士に依頼しても納得のいく保険料がもらえないこともあります。その場合には加害者に支払いを求めるのですが、加害者の多くは応じないことが多いでしょう。このような場合には、裁判に発展するケースも少なくはありません。

特に被害者が悪質な場合には、裁判に発展するケースが多くなっています。例えばお酒を飲んで運転をしていた、信号を無視した、免許停止の状態で運転をした、無免許で運転をした、明らかに速度超過をしていたなどです。しかもこのような危険な運転をしている人のせいで交通事故に巻き込まれてしまうと、大ケガをしてしまうことや、死亡事故になってしまうケースが多くなっています。このようなときには加害者が逮捕されることになります。

そうなれば当然裁判が行われるので、裁判が行われたときのことを考えて弁護士に依頼することも重要です。もちろん裁判をしないで丸く収まればそれで問題ないのですが、日本の裁判というのは無駄に長く行うため、費用もその分多く掛かってしまいますし、精神的なダメージも大きいでしょう。このように交通事故を起こすと裁判になるケースもあるということを念頭に置いて、常に安全運転を心がけることが重要です。自分が優先だからという思いは捨てるべきでしょう。

Comments are disabled

© 2017 交通事故弁護士相談フェスティバル. WP Castle Theme by Just Free Themes